読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚活部ログ

覚えておきたいことをざくざく

克服!THE MARROW OF A BONE

DIR EN GREYzepp NAGOYAに来たゾ

tour 16-17 from depression to _______

[mode of THE MARROW OF A BONE

 f:id:tonkatsubu:20170418214830j:image

 

個人的に、リリース当時かなり理解に苦しんであんまり好きになれなかったアルバムことマロウオブアボーンのツアーです。

名古屋公演はこの4月18日のみ!ツーデイズやらへんのかい!

 

 好きな曲はいくつもあるんですがアルバム全体としてまだ苦手意識があり、あまり聴きこまずに参加したのですが

めっちゃ楽しかったです

正直残りの公演も行きたいくらいなのです仕事さえなければ

自分のすぐ近くでカメラが回っていたのですが、このツアー映像作品化するなら是非・本日の名古屋公演でお願いします!

 

セトリはこんなかんじでした(タイトル略してます)

Conceived
Lie buried
Maggots
Pledge
Rotting
Phenomenon
Midwife
凌辱
艶めかしき
Disabled
Fatal
Repetition
Deeper
Clever

▽encore
秒深(旧)
業(旧)
GRIEF
詩踏み
Sustain

 

わざわざ書くまでもないのかもしれませんが、CDで聴くよりもずっと迫力があって。

10年前のアルバムとはいえこの音楽性でライブのほうががいいバンドって凄くないですか!?10年の間の彼らの進化なのか!恐ろしいわ!!

 

【楽しかったで賞】マゴッツ、クレバー、秒深、グリフ

コンシブで厳かにスタートしたかと思えば3曲目で早くもマゴッツ。ARCHEからの楽曲も挟みつつ、本編ラストはみんな大好きクレバースリーゾイドThe dark!オイ! dark!オイ!がかなりヤバイです。ひとつになれたぜ

秒「」深はあの旧バージョンでした。6uglyじゃないほう。TO SLAY!

そしてGRIEFが始まった瞬間、(今日はおとなしく見るからメガネでいいや〜)と思って家を出た自分を恨みましたこれ聴いて頭振らずにいられますか?

 

PLEDGEや艶めかしき安息〜などは物凄く声も出ていて感情剥き出し・単純に言うとグッときた、なのですが

前回のウロボロス国際フォーラムでラストに京さんが言った言葉を思い出して、今日また彼らのライブを見られてよかったな〜と感じる瞬間でもありました

さっきも書きましたがMARROW〜アルバムが出たのは10年前の2007年なんですね。当時高校生でライブに行ったことを覚えていますがなんかもっと殺伐としてたような気がします。京さんドチャクソ怖かったん

とりあえずアルバムは以前より好きになれそう!

 

 物販についてはBIG Tを狙っていたのですが、先行販売に間に合わなかった為に入場してから購入しようとしたらまさかの完売

泣く泣く復刻Tとマフラータオルを購入しましたが悔しい…BIG Tと白いBONE Tは早く売れちゃうみたいですね…リサーチ不足でもあった…

 

さて 残す新木場には行けないので次は運命の mode of MACABRE です(まだ当落すら出ていないのに)

ANDROGYNOSは諸事情により行けそうにないので、今日楽しかったことを当分の間の生きる糧にしてがんばります。

ライブアンケート書こね!!!!