読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚活部ログ

覚えておきたいことをざくざく

さよならプラハ憎き石畳

前回の更新から3ヶ月ほど経ってしまいました。

そしてここで書いている遠征から10ヶ月近く経ってしまいました。まだここは2月13日です。

がんばります

 

 

プラハで楽しいツアーファイナルを迎え、ホテルで独りやり場のない興奮と感動を持て余しツイッターに相手してもらっているうちに、丑三つ時くらいになってしまいました。

翌日2月14日、あさ9時プラハ本駅発のバスにのってベルリン🇩🇪に戻り、そこからロンドン🇬🇧へ戻り、そこから日本🇯🇵に帰らねばなりません。

あすのバスに乗り遅れたら日本に帰れなくなってしまいます。

もう寝ずに朝までがんばろう

朝までにシャワーもしないとなぁ…

荷物もまとめないとなぁ…

楽しかったなぁ…

 

 

おはようございます朝8時すぎてます

いつ寝たの私

結局シャワーしてない!荷物もまとめてない!

とりあえず全てキャリーに詰め込み顔を洗い、急いでチェックアウトしたいのにレトロで可愛いホテルのオンボロエレベーターがちっとも来ない 今そういうレトロさ要らないから 一分一秒を争ってるから

焦りすぎて正常な判断力を失い、キャリーを抱えて階段で降りることにした私。

ヨボヨボになって辿り着いたフロントのマダム、チェックアウト作業にめっちゃ時間をかけてくださるやめて本当に今そういうのいいから

 

なんでそんなに焦ってるかってプラハ本駅までの道がわからないからです

Googleマップ起動即検索→全然違う駅が表示される→カンで走る(バスの発車時間まであと10分)

プラハの美しい朝の街並みを堪能するどころか、キャリーの車輪が引っかかりまくる石畳に舌打ちしながらガラガラゴツゴツ轟音をたてて爆走する前日シャワーしてない汚いアジア人がまさかこの私だったとはな…

運良くカンが当たりプラハ本駅にたどり着くことができ、9時ジャスト・今にも発車しそうなバスの窓をたたいて乗せてもらうことができました🙏

 

 

▶︎車窓を楽しむこともなく2時間半ほどで中継地点ドレスデン🇩🇪に到着

f:id:tonkatsubu:20161202205709j:image

日曜日なのでショッピングセンターやレストランが開いてない。これが噂のドイツの閉店法とやらか。

大きな駅にある売店やパン屋さんくらいは開いていたので、パン屋さんで昼食を買おうと入店あれっなんだか値段が高い

どうも菜食主義向けのこだわりパンをつくってるお店らしい。ここでもお会計の時に一緒に買おうとした飲み物を落としまくり恥をかく

お店の外にテーブルがあるのですが、2月のドイツめちゃくちゃ寒いのに現地の人がみんな外で食べているので私も震えながら外のテーブルでパンを食べました。めちゃくちゃ寒かった

ドイツの人は寒さに強いのだろうか

ドレスデンの駅にはビオマルクト(オーガニック製品を扱うちょっとお高いスーパーだそう)があったので、暇つぶしに入店、何食わぬ顔で退店。さすがオーガニック先進国ダナー

 

ベルリン行きのバスの時刻まで少しの待ち時間、寒さをしのぐために駅の待合室に入ってみたのですが、私の浅〜いドイツ語知識で読み取れたものが🐶ワンコ連れのための駅の待合室がある?この件に関してはドイツに詳しい事情通の皆様からの情報をお待ちしておりますやで

 

 

▶︎バス爆睡即ベルリン着

f:id:tonkatsubu:20161202005950j:image

ベルリン発着の長距離バスはここZOBが拠点よ

ここでロンドン行きの長距離バスに乗り換えます。来た道をそっくりそのまま帰ります。

チェックインにパスポートの提示が必要です。

ちなみに

ロンドン発→ベルリン着の国際長距離バスのチケットがこちら▼

f:id:tonkatsubu:20161202011028j:image

に対して、

ベルリン発→ロンドン着の国際長距離バスのチケットがこちら▼

f:id:tonkatsubu:20161202011230j:image

思わず「これがチケットですか?」という初歩英語を使ってしまったほどペラッペラのコピー用紙に手書きのゲートナンバー(どちらも同じバス会社から予約してます)

 

ドイツから離れるのがなんだかとても寂しいし寒いし夜だから暗いしおセンチな気分になって泣けてくるので冬のひとり旅は楽しいですよ!

 

ちなみにPart.2

イギリス入国ってちょっとめんどくさいじゃないですか。

日本から初ヒースロー入国でもランディングカードの記入に戸惑ったりアレコレ聞いてくる入管に困惑したりしましたが、なんといってもこのEU国経由でEU人以外がイギリスに入国するルートがハードル高いらしいという噂を聞いていたので、準備を整えておかねばならんと考えました。

案の定、私も「翌日ヒースローから日本に帰ります & eチケット提示」だけでは通してくれませんでしたので、到着した日に泊まるホテルの予約確認証(予約サイトのスクショなど)を見せて合格でした。

予約サイトのスクショ絶対大事!

ここできちんと説明できないと門前払いを食らうかもしれないので恐ろしい

イギリスからフランスに入るのは何も聞かれず一瞬だったのに

 

 

ここから日本に帰るまで一気に書きたかったんですけどロンドンで少し遊べる事案が発生したので次回その事を書いて遠征記録を終わりにしたいと思います

遠征記録が終わったら最近行ったライブレポとかをだらだら書くブログにしたいと思います

よい週末を!しょーねすゔぉっへねんで!