豚活部ログ

覚えておきたいことをざくざく

ベルリン観光1日目〜夜道で迷子になる話

2月10日午前10時すぎ〜

チェックインまでちょっと時間をつぶすにもZOB周辺には観光できそうな場所もないため、少し歩いて Heerstraße駅からSバーンに乗り中心部へ行ってみます。

切符を買う話は次の記事で!

 

Zoologischer Gartenってベルリン動物園があるとこか!と勢いよく下車。

f:id:tonkatsubu:20160806163542j:image

まずは動物園の前に腹ごしらえをすべく、見慣れた赤と黄色のMマーク🍔🍟に突進。海外で入りやすい店ナンバーワンではなかろうか。

メニューを見ると日本マクドにはないものがあるのですが、その中からいちばん発音しやすそうなものを選びました。

ハンバーガーロイヤルケーゼとかいう、おそらく《メッチャええチーズバーガー》があったのでそちらを選択。

コンボにするか聞かれるのでポテトとコーヒーを頼むとポテトが2種類あるとの事!

所謂普通のマクドのポテトと、もうひとつは分厚いウェッジカットになっててサワークリームを付けて食べるもの。珍しいのでウェッジカットにする

f:id:tonkatsubu:20160806163716j:image

これが美味しかった!ホットコーヒーの量が多い。なにサイズなんだ。

マクドの店員さんが、明らかに慣れない挙動の私に「どこから来たの?」とか話しかけてくれる。優しい世界か。

 

そしてこれ海外名物らしいんですが、突然現れたご婦人に、英語話しますか?と聞かれ チョットダケ、と答えると何か書いてある紙を差し出してくる。

《病気の子供の薬を買うお金がない》

なるほどそうきたか!!!なるほど!!!!

コレお金を渡しても渡さなくても微妙な気持ちになるやつじゃない?と思いながら、今バーガー食べてるし逃げられないしとりあえずポケットの中の小銭で勘弁していただいた。

こういう時どういう対応すればいいのかなと思っていると、同じように話しかけられた現地のオッサンは無言で自分の食べてるポテトをお裾分けしてあげていた。それもアリなんか…!

 

〜楽しいベルリン動物園〜

f:id:tonkatsubu:20160806214601j:image

駅から普通に歩いて行くとおそらくこのチケット売り場/入り口に到達するはず。

せっかくだから動物園+水族館込みのチケットに。大人20ユーロ。動物園だけでも勿論買えます。

25歳のぼっち動物園、めっちゃ癒される。

f:id:tonkatsubu:20160806222236j:image

 

アザラシの餌やりタイムに遭遇!

f:id:tonkatsubu:20160806222002j:image

ショーみたいな感じではなく、ゆるい雰囲気

 

↓動物園の中にあるこの建物が水族館。 

f:id:tonkatsubu:20160806224816j:image

f:id:tonkatsubu:20160806230111j:image

↑ 1階部分が水族館で、2階・3階は爬虫類や両生類、昆虫の展示がありました。

 オランウータンの飼育に力を入れているのか、オランウータンだけの屋内展示もあり。

 

20年ぶりくらいの動物園を満喫したら、ここまで来たのでもうベルリン中央駅まで行きます!

 

動物園を出るとすぐ近くにカイザーヴィルヘルム記念教会があります。f:id:tonkatsubu:20160807001404j:image

ここも外から見るだけ

ちなみに動物園を見学中にレンタルWi-Fiの電池が切れ、なぜか充電も上手くいかずに通信が途絶えます。

グーグルマップなしの為、ここからは野生のカンで観光します。

 

 

ベルリン中央駅めっちゃガラス張り

f:id:tonkatsubu:20160806230545j:image

 目の前の広場は夏場になると屋台?が出たりして賑わうそうです。

 

なんかもっとこう、東京駅みたいにわけのわからない巨大な駅を想像していたのですが、思ったよりシンプルでわかりやすい。

中から見るとこう。

f:id:tonkatsubu:20160806231043j:image

 ここからは定番の観光スポットも近いので、駅から徒歩で出発します!

 

駅を出てすぐあるシュプレー川を越えてずんずん進むと

ドイツ連邦議会議事堂!

f:id:tonkatsubu:20160806231558j:image

屋上の丸いドーム部分はガラス張りで中を見学できるんだけど、事前予約が必要のため外から見るだけ。すげえ迫力

 

議事堂まで来るとすぐ近くにブランデンブルク門

f:id:tonkatsubu:20160806232032j:image

Wi-Fi乞食への朗報、ここにスターバックスあります。

馬鹿の一つ覚えイングリッシュティートールサイズ作戦をここでも使用。店内のWi-Fiで少しツイッターができ安心。

 

近いうちに観光客向けにベルリンのいろんな場所でフリーWi-Fiが使えるようになるとかいう情報を小耳に挟んだので、今後はWi-Fiのためにお店に入らなくても済むようになるのかも?

 

ブランデンブルク門まで来ればすぐわかるのがユダヤ人犠牲者記念館 

f:id:tonkatsubu:20160806233120j:image

地下に展示室があるのですが、ご覧の通り暗くなってきたので今回は見学せず。

帰り道がわからなくなる前にホテルに向かうことにします。

なんてったってスマホの通信が使えないんだ

 

ホテルはSバーンの Heerstraße駅と Messe Süd駅のだいたい中間地点くらいだと記憶していたのですが、行きに乗車したHeerstraßeではなく、ひとつ手前の Messe Südで下車したのが大失敗でした。

駅を出たら冗談抜きの真っ暗。民家が何軒かあるものの街灯が少なく人通りもほとんどない。

同じ駅で降りた女性はスマホのライトで足元を照らしながら小走りで民家のほうに消えていく。

 ちょっとやめて怖い

とりあえず車の通る大通りに向かう。

f:id:tonkatsubu:20160806233937j:image

こっちは街灯が明るいだけまだマシだけど歩行者誰もおらず。車通りもほとんどない。ここ一応ベルリンですよね?

だんだん混乱してきて帰る方向がわからなくなる。迷子になった。何度も言うがスマホが使えないんだ。

せめて誰か通行人でも来れば道を聞けるのに、本当に誰も通らない。

どこかの駅かと思って地下に入ったら、誰もいないただ照明の点いてるだけの地下通路。どこなんだよここは!

 

そのまま2〜30分くらいカンでこっちかな、という道に進んでいると、やっと見覚えのある風景にたどり着いた。もうこの時点で半泣きです

そのままホテルに駆け込みフロントにチェックインプリーズ!

寒さでフードかぶったまま半泣きのアジア女に優しく案内してくれるフロントのお兄さんがめっちゃ男前だったので生きててよかったと実感。

 

オマケはドイツ式横断歩道の押しボタン

f:id:tonkatsubu:20160806235944j:image

 

次回はベルリン観光2日目・学習しない女の話