豚活部ログ

覚えておきたいことをざくざく

mode of MACABRE名古屋ツーデイズ

 2017.07.21-22

f:id:tonkatsubu:20170723151703j:image

やってきましたマカブラ名古屋!

運良くツーデイズ両日ともチケットが取れたのでした。

 

ちなみにグッズで大人気のステッカーは敏弥さん(近影)が来てくださいました。

f:id:tonkatsubu:20170723231000j:image

絵柄は各メンバーの近影とKRのPV衣装の2パターン×5人分あるそうです。集めたくなるね!

なんなんだこのディルアングレイのポップなフォントは…そもそもこのビックリマンみたいなステッカーはなんなんだ…ノリで買うよね…

 

 わたくしは当時をリアルタイムで知らないので、はじめてのマカブラです。

ファンになった時には既に何年も前のアルバムで、まさかライブで聴ける日が来るとは思っていなかったので 不思議な気持ちです。これ鬼葬のときも言ったな

 

ツアー初日にSNS箝口令(ライブレポ禁止?)の噂がありましたが、誤情報だったそうなので堂々とブログに感想を書きます〜

 

2017.07.21

▼セトリ▼
Deity
MACABRE
audrey
injection
chain repulsion
蛍火
エイント
666

Berry
children
理由
ザクロ

▼アンコ▼

太陽の碧
KR
詩踏み
‪サステイン‬
‪羅刹国‬

 

まず会場に入って驚いたのが、ステージ全体が白い幕で覆われていたこと。

薄く透けるような布だったのですが、ステージが見えそうで見えない。ちょっと透けて見える。

いつものように客側の照明が落ち、幕越しにメンバーが登場するところがちょっと透けて見える。あんまりよく見えない。なんだこの演出は。

幕がかかったままDeityの演奏がはじまる。京さんらしき人影が登場するとひときわ大きくなる歓声。絶叫。あんま見えてないんですけど

そして幕がかかったままMACABREスタート。

その白い幕をスクリーンのようにして映像が投影されます。そこにメンバーの後ろから照明をあてて5人の演奏している影が映るようになっているんですがコレが超かっこいい。

京さんがお召しのジャケットを蝶の羽のように広げたり閉じたりする影が映るんです。えも云われぬ風情がございました。

そして、メンバー後方のスクリーンにも別の映像が映っているんですが、もう目が足りないです。どこ見たらいいかわからん。

そして、MACABREの途中で幕が落ちる瞬間がまたかっこいいんです…もうこれ以上ないタイミングなんです…これがプロの仕事…

ツーデイズ終わった翌日に今この文章を書いていますが、名古屋1日目を即刻映像化してリリースしてほしい。無理は承知でお願いしてるんです。

見た目の話ですが、薫さんの髪がプラチナブロンドになっていて 京さんの髪が緑色になっていました。 

audreyからinjectionの2曲はライブでこんなにも映えるのか!という新しい魅力の発見がありました個人的に。

そしてARCHEから参戦の曲はchain repulsion!暴れ曲が少ない?と言われるMACABREに、楽しい拳突き上げタイムを提供してくれました。この曲ホント楽しいよね〜

 その後に来る蛍火→エイント

泣くと思った?残念〜〜!めちゃくちゃ泣いた

エイントは演奏も勿論ですが、バックに流れる映像でもうダメです。曲が切なくて泣いてるのか、生の演奏に感動して泣いてるのか、それとも映像の悲惨さに泣いてるのかがわからなくなります。いい歳こいてライブで泣くと思ってなかった

その後の666へ、どうやってテンションをもってくのか。ノリきれなかった。これ2日目もそうだったんですけど、エイントの後キツイです。

〜お待ちかねの脈〜シングル版のイントロにあわせて人形のように動く京さん。バックには懐かしのPVが。

若かりし頃、プロフィールの血液型欄に錯乱状態type-Aなどと記載していた皆様はお元気でしょうか。脈です。これを2017年のディルアングレイが演奏するだなんて…生きててよかったよな…

Berry 〜楽しかったで賞〜 

 →Cildrenがきた時、一瞬これなんていう曲だっけ…となりました。くると思ってなかったので。six uglyのほうです。

 理由「忘れようとした〜抱きしめてたい」の一節を1オクターブ上げて歌うんですが、1番高い抱きしめて た⤴︎い 〜のところを聴いた瞬間トリハダでした。すごい綺麗です。こういう時に感動を表現する語彙力が欲しいよ〜〜!

 そして本編ラストはザクロです。

泣き叫ぶように歌うボーカルに淡々と演奏する(ように見える)楽器隊、という対比がとてもいいなと思ったんですが敏弥さん。

耳を塞いで〜のところでおもむろに右手で耳を塞ぐジェスチャーをし、その手をそのまま頬に滑らせ→口元を押さえて哀しげな表情、というパーフェクトコンボを見せつけられてびっくりしました。動揺していたら本編が終わっていた。

 

アンコール(感想が雑です。)

太陽の碧▷夏らしい爽やかな曲調なのにメンバーが演奏中にまったく楽しそうではないところが最高です。

【KR】cube▷太陽の碧ではどうなる事やらと心配したのに一転して皆さんでめちゃくちゃ楽しくなっちゃったやつです。振り付け覚えてる人がたくさんいてスゲ〜となりました。

〜めちゃくちゃ煽られて詩踏み〜

そして再びARCHEからの曲でサステイン。

ラスト羅刹国

毎回俺に言わせんな!!だの、こっち見てんじゃねええええ!!!!!だの、京さん言いたい放題の煽りでこっちも爆笑しながら叫び返すはめになりました。こんなの初めて

 

文字通り泣いて笑ってライブ初日の終了です。

 

 

 

★さて2日目です。

初日との違いですが、濤声やりました!

 ▼2017.07.22

Deity
MACABRE
audrey
鱗 🆕
蛍火

理由

injection
666
children
Berry
濤声 🆕
ザクロ

▼アンコール▼

エイント
KR
太陽の碧
羅刹国
詩踏み

 

アンコールの京さん、声がかなり枯れていたのでびっくりしたんですが「心配そうに見てんじゃねえええ!!!」的なことをおっしゃってました。この2日間でなかなかレアな発言を聞けた気がします。

初日もそうでしたが、エイントの後のテンションどうにかしてほしい…(自己責任)

エイントでメソメソした直後にKRでブチ上がれる精神力が欲しかった。

 

私にとって、たぶん最初で最後のマカブラが終了しました。

次はお待ちかねのmode of Withring to deathです。

楽しみー!!!

 

2日目のパネルは斜めってる

f:id:tonkatsubu:20170726232714j:image

 

 

 

克服!THE MARROW OF A BONE

DIR EN GREYzepp NAGOYAに来たゾ

tour 16-17 from depression to _______

[mode of THE MARROW OF A BONE

 f:id:tonkatsubu:20170418214830j:image

 

個人的に、リリース当時かなり理解に苦しんであんまり好きになれなかったアルバムことマロウオブアボーンのツアーです。

名古屋公演はこの4月18日のみ!ツーデイズやらへんのかい!

 

 好きな曲はいくつもあるんですがアルバム全体としてまだ苦手意識があり、あまり聴きこまずに参加したのですが

めっちゃ楽しかったです

正直残りの公演も行きたいくらいなのです仕事さえなければ

自分のすぐ近くでカメラが回っていたのですが、このツアー映像作品化するなら是非・本日の名古屋公演でお願いします!

 

セトリはこんなかんじでした(タイトル略してます)

Conceived
Lie buried
Maggots
Pledge
Rotting
Phenomenon
Midwife
凌辱
艶めかしき
Disabled
Fatal
Repetition
Deeper
Clever

▽encore
秒深(旧)
業(旧)
GRIEF
詩踏み
Sustain

 

わざわざ書くまでもないのかもしれませんが、CDで聴くよりもずっと迫力があって。

10年前のアルバムとはいえこの音楽性でライブのほうががいいバンドって凄くないですか!?10年の間の彼らの進化なのか!恐ろしいわ!!

 

【楽しかったで賞】マゴッツ、クレバー、秒深、グリフ

コンシブで厳かにスタートしたかと思えば3曲目で早くもマゴッツ。ARCHEからの楽曲も挟みつつ、本編ラストはみんな大好きクレバースリーゾイドThe dark!オイ! dark!オイ!がかなりヤバイです。ひとつになれたぜ

秒「」深はあの旧バージョンでした。6uglyじゃないほう。TO SLAY!

そしてGRIEFが始まった瞬間、(今日はおとなしく見るからメガネでいいや〜)と思って家を出た自分を恨みましたこれ聴いて頭振らずにいられますか?

 

PLEDGEや艶めかしき安息〜などは物凄く声も出ていて感情剥き出し・単純に言うとグッときた、なのですが

前回のウロボロス国際フォーラムでラストに京さんが言った言葉を思い出して、今日また彼らのライブを見られてよかったな〜と感じる瞬間でもありました

さっきも書きましたがMARROW〜アルバムが出たのは10年前の2007年なんですね。当時高校生でライブに行ったことを覚えていますがなんかもっと殺伐としてたような気がします。京さんドチャクソ怖かったん

とりあえずアルバムは以前より好きになれそう!

 

 物販についてはBIG Tを狙っていたのですが、先行販売に間に合わなかった為に入場してから購入しようとしたらまさかの完売

泣く泣く復刻Tとマフラータオルを購入しましたが悔しい…BIG Tと白いBONE Tは早く売れちゃうみたいですね…リサーチ不足でもあった…

 

さて 残す新木場には行けないので次は運命の mode of MACABRE です(まだ当落すら出ていないのに)

ANDROGYNOSは諸事情により行けそうにないので、今日楽しかったことを当分の間の生きる糧にしてがんばります。

ライブアンケート書こね!!!!

 

 

 

UROBOROS納め@国際フォーラム

2017年2月10日

DIR EN GREY / TOUR16-17 from Depression to____[mode of UROBOROS東京国際フォーラム

 f:id:tonkatsubu:20170211005422j:image

ライブがおわってすぐ書こうと思って書いてます。

前々回のウロボロス参戦の記事では行こうか迷っていた段階でしたが、行ってまいりました。

結論から言うと来て正解でした

まず、今ツアーで自分が参加した名古屋初日&大阪初日はセトリが同じ(SA BIR→VINUSHKAスタート、ラストは冷血なりせば。仮にA案とする)でしたが、ツアーファイナルの国際フォーラムでは我闇とてスタート、ラスト詩踏みのB案(勝手に命名)だったのでとりあえずモードオブウロボロスコンプリートかな!

2階席のとても見やすい位置だったので、ゼップやハッチに比べて落ち着いて全体を見ることができました。

 

▽セトリ

我闇とて
BUGABOO
慟哭と去りぬ
RED SOIL
蜷局
咀嚼
DOZING GREEN
VINUSHKA
INCONVENIENT IDEAL
凱歌、沈黙が眠る頃
冷血なりせば
Revelation of mankind

▽encore
空谷の跫音
Sustain the untruth
Chain replusion
STUCK MAN
詩踏み

赤太字はB案(勝手に以下略)でしか聴けない曲目ですね〜

 

個人的なことを言うと 我闇スタートだからなのか周りにあまり盛り上がってる人がおらず、つられて自分もなかなかテンションが上がりきらなかったのですが、咀嚼あたりで吹っ切れて楽しむことができました。ライブの楽しみ方は人それぞれ!が大前提ですが、私は前後左右にノリノリな人がいるとつられて楽しいのでそう言う人が周りにいたら嬉しいなぁと思ってるところです。

 冷血なりせばラストを2度も経験した為に、本編の後半に凱歌→冷血→Revelationを持ってこられたらここで燃え尽きてしまうやないか!と焦りました。凱歌と冷血はmode of UROBOROSのおかげで大好きになった曲です。特に冷血はアルバムの中でぜんぜん好きじゃなかったのに…ライブってすごい…

そしてアンコール。

空谷の跫音はスミマセン正直な話ちょっと聴き飽き気味だったので曲が始まった瞬間少し微妙な気分だったのですが、曲が進むにつれてあのエモーショナルなギターとボーカルの盛り上がりにまんまとノせられ感動する有様。

私はライブ後にファンの皆さんの感想をSNSで拝見するのが趣味なのですが、《今日の京さんはちょっと声の調子悪そうだったけど、調子いい時はもっとすごいよな!》という旨のご意見を何件か見かけたのでアレで調子悪いの?私は今日めちゃくちゃ調子良いのかと思ったんだけど違うの?と思ってしまいました。有識者のご意見をお待ちしています。

 

 ▽楽しかった

別名:首や肩、腕などを傷める)

凱歌からの冷血

サステイン

STUCK MAN

STUCKMANは歌詞覚えてるとなんだか楽しいです。こっそり口ずさみます。

 

▽ヤバイ

VINUSHKA

Inconvenient

私の語彙力では説明ができません。観られなかった方はそのうち出るかもしれないDVD/Blu-rayなどを買ってください。

 

▽京さん

アンコールも終わり興奮と感動渦巻く場内です。

オーディエンスに笑顔を向けてけっこう長いこと拍手をする京さんがとても印象的でした。

恒例であるピックなどの餌撒きが執り行われます。

いつも真っ先に捌けることが多い京さんが、ドラムの台にちょこんと(擬音)腰掛けておられました。

だいたい堕威さんや敏弥さんが最後まで残っておられることが多いように感じていましたが、この日は楽器隊の4人が皆さん捌けても京さんがまだいらっしゃる。どうしました。

1階席にペットボトル投げたりいろいろしてから、おもむろにマイクを手に取る京さんにざわつく会場。

 次、また会うまで、がんばって生きて。

聞いた瞬間めっちゃびっくりしたので、言い回しが少し違う部分があるかもしれませんが

最近いやなことがあって、今回のチケット取ったものの行くのやめたいなぁ、とか思ってたんです。でも来てよかったです。そしてまた来たいなと思えたことが嬉しいです。

ひとりでこの記事を書いていると、夢だったんじゃないかなと思えてきます。

 

mode of UROBOROSはこれが本当に最後です。

なにか思い出したら書き足すかもしれません。

次はMARROW OF A BONEです。

でもその前に、2月12日 アンドロジナスの何かが発表されるようです。PIERROT聴いとこうね。

またお金とんでくんだろうな。

がんばってお金ためて!!!!

あっ。このmode of UROBOROSの映像作品が出るのなら是非ともなんばハッチ初日を収録していただきたいな〜〜。そういう事は公式のアンケートに書けばいいのかね?

よろしくお願いします。

 

 

行ってよかったmode of 鬼葬

遡って2016年11月22日の話です。

前回と投稿する順番が逆になってしまいました。

 

DIR EN GREY tour 16-17 from depression to _____ [mode of 鬼葬]

名古屋市公会堂に見に行って来ました。

f:id:tonkatsubu:20170128004613j:image

チケットものすごい激戦でしたね!

名古屋1公演しか無かったからかなぁ。

前々回のブログで少し触れましたが私も先行〜一般でチケットが取れず、SNSなどで譲渡を探し回りどうにかゲットして、参加してきました。

名古屋市公会堂は初めて訪れた会場なんですが、なんていうか正直に申し上げるとめっちゃ古いしいろいろ壊れそうだし二階席の床に置いたカバンがめっちゃ汚くなったりしてすごく…味のある…会場ですね…トイレとかもオバケ出そうだもん…

でもそんな古臭い(ごめん)会場が、鬼葬の雰囲気にピッタリだったのかもしれません。

自分がDirを聴きはじめた頃には既にVulgarが出ていたので、まさか10年以上経ってから鬼葬をライブで聴けるチャンスが来るとは夢にも思っていませんでした。

逆に当時を知っているファンの方たちはどういう気持ちなんだろうか?とも考えたり。

 

実は前日に東京でKula Shakerの来日公演を見ていて、次の日がこのDIR鬼葬だったので気持ちの切り替えがかなり大変でした。

Kula Shaker来日公演は東京初日と大阪を観に行ったのですが、それはまた別の記事で書きたいと思います。

 

自分の記憶とネットで検索したセトリがなんか違う気がするのはいつもの事です。

鬼眼
ゾンボイド
詩踏み
undecided
輪郭
chain replusion
embryo

!新曲!
24個シリンダー
鴉(2013ver.)
FILTH
HADES
un deux

▽encore
G.D.S
ピンクキラー
Domestic fucker family
umbrella
Sustain the untruth
JESSICA

 

いやね、この日コンタクトレンズを忘れてメガネだったんですが後悔!

鬼眼スタートなんてもう初っ端から頭振らす気マンマンですよね。メガネじゃ振れないじゃないか。

そしてmode of 鬼葬とは言うものの、鬼葬にくっついてくるのはそう、six uglyです。

指定席とはいえ、絶対メガネで来ちゃいけなかった。

●新曲…なんか今までにない感じの…イントロのシンセがらしくない感じでちょっと吹き出しそうになってしまいました。まだ進化するのかディルアングレイは。新曲はこの後のウロボロスツアーでは影を潜めてましたね?

 

▽聴きたかった(聴けなかった)曲

Bottom of the death valley

逆上堪能ケロイドミルク 

残念!!!!

Bottom of〜は過去バージョンでも2013バージョンでもいいから聴きたかったんですけどダメやった!ケロイドミルクはアルバムの中でも特に好きな曲だっただけに、今か今かと待ち構えてましたが…まぁそんな時もあるよね…

 

▽楽しかった曲

FILTH

umbrella

もうこの2曲はね優勝!! 

肝臓入りのオレンジジュース!

腎臓混じりの甘口カレー!

膵臓仕込みのペスカトーレ

愛しの愛しのサイコホラー!

めっちゃポップアングレイ。これを大合唱して楽しくないわけがなかったです。何年振りかなのによく訓練されたファンたちです。

umbrella では ♪最高〜〜の〜〜ディナーショディナーショディナーショ…のセルフエコーをする京さんに撃ち抜かれたりなんかしました。

 

G.D.S

アンコールの入りがG.D.Sなの最高だった…どうやってもテンションのあがるSE…虜を懐かしさで爆発四散させるツアーだったんだろうか…

 

ドメスティックファッカーで流れる映像がなんかとってもかっこよかったり(目がチカチカする感じの色で歌詞がバンバン出てくるやつ) 、ピンクキラーでピンクの照明がグルグル回ったり、2階席後方で遠いなと思っていたけどしっかり視覚でも楽しめました。

そしてラストのジェシカもきっと2度と生では聴けないだろうと思うとなんだかウルッときてしまったり〜ありがとう鬼葬〜

終演餌撒きではなんと敏弥氏のタオルが2階席に届くと言うファインプレー!伊達に筋肉をつけているわけではなかった…それを真似しようとした堕威さんのタオルはヘナヘナ〜〜っと落ちて会場がなごやかな雰囲気に🍌

 

もともと好きだった期間よりブランクのが長くなっていたので自分を虜と言うのも憚られるんですが、今のDIRのライブを見ることができて嬉しいという気持ちでいっぱいです(へたくそか)

 

〜どうでもいいはなし〜

腎臓混じりの甘口カレーなんて歌詞を聴いていたせいでライブ前にどうしてもカレーが食べたくなってしまい、ココイチに駆け込みチキンカツカレーを食らってから鬼を葬りに行きました 

無事に鬼を葬って終了!

次のディルネタはたぶんMarrowツアーまでないと思いますがわかりません。

ありがとうございました。

 

 

 

 

終われないmode of UROBOROS

2016.01.13

tour 16-17 from depression to____[mode of UROBOROS

ツアー初日のzepp名古屋公演に参加してまいりました〜

f:id:tonkatsubu:20170125021429j:image

とにかく寒い日で、とてもじゃないけど私は入場前にTシャツ姿になれませんでした。コート着てても寒い。ゼップ名古屋の外って風強いですよね!!

グッズを1万円以上買うとオリジナルウエットティッシュがもらえたそうですがそんなに買えませんでした。お弁当箱は可愛かったな👀

 

前回のゼップ名古屋といえばmode of DSSが割とスカスカだったので若干不安だったんですが、この日はギッシリ詰まってたような。みんなDSS好きじゃないの?

初日なのでどういうセトリや衣装で来るのかドッキドキしながら前方下手寄りの位置にスタンバイ

 

OPのSA BIRから続くのはアルバムの流れと同じくVinushka。

スクリーンに映される映像はもうDIRのライブではおなじみとはいえ、生演奏に合わさると何度見ても衝撃を受けてしまいます賛否両論あるそうですが。

Vinushkaをはじめ、UROBOROSの楽曲が聴けるのはこのツアーが最後のチャンスかもしれないと思うとよ〜く目と耳に焼き付けないとなぁ、と…

しかし記憶がほとんどないのでセトリ検索しました

sa bir
vinushka
red soil
蜷局
bugaboo
慟哭と去りぬ
glass skin
behind a vacant image
inconvenient ideal
dozing green
凱歌、沈黙が眠る頃
revelation of mankind
詩踏み

▽encore
空谷の跫音
sustain the untruth
chain repulsion
stuck man
冷血なりせば

 

〜凱歌大好きマンこと私、無事に成仏〜

そしてinconvenientのはじめが賛美歌のようなアレンジにされていて美しいんですが、なぜか背筋がゾワッとする謎。

約8年前のアルバムなのに、UROBOROSとARCHEの楽曲が良い塩梅に並んでいて違和感もなく聴けました。un deuxと激闇聴きたかった

 私はUROBOROS発売時のライブを見ていないので当時とどう違うのかはよく知りませんが、武道館のDVDなんかと比較すると圧倒的に今の方が演奏が良いと思います。京さんの声も進化し続けててすごいな(語彙力)

あと、ラストが冷血なりせばなのすごく良いです。

テンションが最高潮のままお家に帰れます。最高です。 あのバックの映像も最高ですよね!あの後めちゃくちゃ冷血聴いてる

トロいので相変わらず餌撒きでは何にもゲットできませんが堕威サァンの水だけは浴びました。よかったね!とってもディケイズだね!

翌日の名古屋公演は参加しませんでしたが、夜から雪に見舞われたようで、終演後に京さんから「気をつけて帰りや」というありがたいメッセージが投稿されたのでした。イイナ!

 

▽        ▽        ▽

 

そして翌々週の1月24日(火)

 2週間ぶり3度目のなんばハッチへ参りました。

 f:id:tonkatsubu:20170127165023j:image

また来たで!!

ちなみに2週間前にはTWO DOOR CINEMA CLUBの来日公演のためハッチに来ていました。

ハッチのいいところは屋内で入場待ちができるところですね!といっても呼び出しされるのは外なので番号が近くなったら一旦外に出ないといけないのですが、それでも屋内スペースありがたい!

名古屋公演よりも整理番号が遅かったので、そんなに前では見られないなぁと思っていたのですがそんなことはなかった。めちゃくちゃ押されたので最終的に名古屋より前の方になりました。大阪の民、アツいな。

 

セットリストは名古屋1日目とほぼ同じだったと思います。

 

私はUROBOROS当時を知らないので以下略〜ですが、このmode ofツアーでは楽しんで(当社比)演奏をしているように見えます。ウロボロス当時の頃ってもっとピリピリしていたんじゃないでしょうか。Witheringあたりのライブに行っていた時のことを思い出すと、今はだいぶ気張らなくても見られるライブという感じが…

 

ベースとフロントマンがよ〜く見えるポジションだったのですが、京さんの目線がくると震え上がりそうになります。怖くないけど怖いんだよ。

個人的にディルを名古屋以外で見るのが今回はじめてだったので、大阪〜!と煽られるのに慣れてなくて不思議な感じでした?

本編終わりに敏弥氏のシャツがはだけまくっていたのですが腹筋がとてもよく見えまして(絶景)アンコラストで来てらしたグッズのホッケーシャツと長袖のやつを脱いでお投げになったのですがその時も腹筋がとてもよく見えましたね(絶景part.2)なんだろう、見せたい気分でいらしたんだろうか。ありがとうございます。最後に水撒きもありがとうございます。

 

この日はロンドンでお世話になったMさんと再会してベトナムスイーツなどを食す会も執り行われまして、とても楽しいウロボロスになりましたん。

f:id:tonkatsubu:20170127193558j:image

 

 

 

これで私のUROBOROSが終わっ…て…

今日の時点でツアーが残すところ静岡・広島・山口 ・東京公演なのですが、ファイナルの国際フォーラムすごく行きたい(チケットはソールドしております)。

運が良いのか何なのかちょうど仕事も休みになっている日なので、どうにかチケットさえ手に入れば行きたいなと思っているところです。

ちなみにMarrow of〜は名古屋だけ参加の予定なので、追いウロボロスしておきたいという気持ちが…!いや参加する前はこんなに楽しいと思ってなかったんだ!嘘だと思ったら参加してみてください、モードオブウロボロスめちゃくちゃ楽しいから!! 

でもDVDセット(約にまんえん)予約してるし出費がけっこうヤバイことになってるんですがコレが搾取される喜びか…!

 

以上取り急ぎウロボロスツアーが終わる前に投稿しておきたかったので終わります。

ありがとうございました。

 

ウン年ぶりに行ったディルのライブの話

(2017.01.31加筆修正)

 

2016年9月28日

仕事は休みの日で雨が降ってまして、雨とは関係なくiPhoneの機種変をし、iPhoneセブンにしました。

ネットで今日、ディルアングレイzepp名古屋でライブをすると知りました。

どうやら当日券があるらしいと知りライブに行きました。

 

私は中高生の頃にそれはそれは熱狂的なファンで、ファンクラブに入って少ない小遣いを貯めちょいちょいライブに行ったりしていたのですが、その後リリースされたとあるアルバムがなかなか理解できず、ライブから足が遠のいてしまい、新譜も手に取らず月日が経ち…ただの洋楽がちょっと好きな人間として日々を過ごしておりました。

 

そんなわけで、8年以上ずっと見ていなかった彼らを見てみようかと突然思い立ってzepp名古屋に向かい、当日券を購入。

 

 f:id:tonkatsubu:20161227013420j:image

入り口にこわいお出迎えボード(違う)がある

 

直前に調べてわかったのは、どうやら彼らは今、過去のアルバムをテーマにしたツアーを行なっているそうで。最近流行りの(?)アルバム再現ツアーみたいなやつですかね

今回は、2011年にリリースされたDUM SPIRO SPEROというアルバムをテーマにしたツアーをやっているらしいということ。

当然そのアルバムも聴いたことがない状態でここに来た。

 

 でも昔あれだけ聴いたんだから、雰囲気くらいは掴めるやろ ƪ(˘⌣˘)ʃ と余裕こいていたんですが

甘かった

 

ライブのパフォーマンスから、演出から、演奏から、歌声から、全てがわたしの思っていたものと違う(いい意味で)

後で色々見てわかったんですが、このmode of DSSツアーはかなり凝った演出だったんですね。映像も凄かったし、レーザー使っているのは見たことなかったので驚き

聴いたことのないアルバムだったからなのか、圧倒されすぎたからか、身動きがとれず棒立ちのままただステージに釘付けになって声も出せずにいました。

 

▽セットリストを後から確認したので載せておきます。

狂骨の鳴り

The blossoming Beelzebub

Different sense

Lotus

Behind a vacant image

Phenomenon 

Inward scream 

蜜と唾

Diabolos

流転の塔

Inward scream

欲巣にdreambox 〜

Unraveling

Decayed crow 

獣慾

▽encore

VANITAS

Sustain the untruth 

新曲

詩踏み

激しさと 〜

 

何より印象的だったのが、京さんがなんかぜんぜんちがう

The blossoming〜ではオーディエンスに背を向けて歌い スクリーンに京さんの顔面が映し出されるという演出だったのですが、画面越しといえど物凄い眼力(めぢからではなくガンリキと呼びたい)でなんかもう目を離したら殺られそう。個人の感想です

曲と曲の間にこんなにも静まり返るライブを、私は他に知りません。

息を漏らしてもいけないような緊張感と静寂と、次に何がくるのかという興奮が渦巻いていて立っているのもなんだかしんどかったです。お昼ご飯食べなかったからとかじゃなく。

 そしてなんだかめちゃくちゃ楽しそうに歌っていらっしゃる…最後に投げキッスまでして…!

それと下手側で見ていたからなのか、アレッ、ここのベーシストこんなに存在感ありましたっけ

自分が過去に行ったライブであまり注視していなかったのでToshiyaさんのパフォーマンスが大きく変わったのかどうかが分からないんですが、今後のライブで要注目だなぁと感じました。動きがでかい。

 

 当然ながらこの日の時点で知っている曲はほぼ無く、ただただ圧倒されて終わった頃にはなんだかよくわからないけどヤベエもんを見てしまった。と放心状態で家に帰りました

 

それから数日後、YouTubeでいくつか近年の曲を聴いてみたうえで、現時点での最新アルバムARCHEを購入しました。DUM SPIRO SPEROじゃないのかよ

これがまた素晴らしく聴きやすいアルバムでやめられない止まらない。

いまDIR EN GREY入門編ならまずARCHEと言えるくらい、とっつきやすい印象があります。歌詞も少しだけ前向きな感じ(!)

バンドが進化し続けているのは当たり前でしょうけど、自分も数年の間にすこし音楽の聴き方が変わったかなと感じます

 

2016年から2017年にもしばらく過去アルバムツアーが続くそうで、なんとこの次、2016年の11月には鬼葬(なんと2002年リリースのアルバム )ツアーが敢行されます。

 鬼葬というアルバムが出た頃はリアルタイムで知らないのですが、後追いでアルバムを集めてからはとくに好きなアルバムだったので意気揚々とチケットを取、取れなかった…

わかるよ近年のアルバムならまだしも鬼葬の曲なんてコレを逃したら2度と聴けないかもしれないものね🙍🏾…前回のDSSが当日券あったので完全に油断していました

そんなわけで

今更遅いですがファンクラブに入りなおしました。出戻りファンに嬉しい復活更新制度があるのです!

 

ただどうしても鬼葬ツアーを見ておきたかったので、アレコレ使ってチケットを譲っていただき見に行くことができたのですが

その時のお話はまた別の記事で書きたいと思います。

 

よいおとしを!!!

【2016遠征最終回】家に帰るまでが遠征です

目的のライブが終わってしまったため、抜け殻状態でバスに揺られロンドンへ向かいます。

道中でフランスから乗ってきた人がとなりに座り、慣れた様子でシート下のコンセントで充電をしコンセントあったの???

行きのバスで充電できないと聞いていたので当然帰りのバスでも電源は無いとばかり思っていた私は愕然としますなんのためにここまでWi-Fi機器の電池を温存していたのか。

でもどうやら2人がけシートの真ん中にひとつしか電源がないようで、となりの人が充電し終えるまでソワソワソワソワ…結局下車するヴィクトリアの直前20分ほどだけ充電させてもらうことができたもののフル充電とはならず。

乗ってすぐシート下を確認がだいじ!

 

ロンドンではとあるツイッターのフォロワーさんとお会いすることになっていました。

そのかたは私とは別のバンドのライブを目的に渡英していらしてたんですが、偶然おなじ時期に日本から遠征してきてロンドンで会うという不思議なご縁🙏すてきやん

 

 

f:id:tonkatsubu:20161226001555j:image

昨日予約したばかりのホテルにチェックインして部屋に荷物置いてから会いにいこうと思ったのですが指定された階に部屋がない

しばらくウロウロして周りをよーく見ていると、行き止まりだと思っていた通路のはしが防火扉になっていて、そこを開けるとさらに客室に続く通路があることが判明!わかるかよ!

 

とりあえず部屋があって良かったんですが某サイトでお安くとった宿はとっても屋根裏部屋みたいで(写真撮っておけばよかった)客室のドア開けてすぐベッド!狭!ベッド横の窓のたてつけが悪くてきちんと鍵が閉まらない不安感、これがロンドン…!

そんな安宿でも英国根性🇬🇧なのかお部屋にケトルとカップ、紅茶のティーバッグとクッキーが置いてありましてなんだか日本の旅館みたいでほっとするなどあり

 

 

チャイナタウンに行ったよ!

f:id:tonkatsubu:20161225235659j:image

フォロワーさんと合流してロンドン観光らしいことをしました。

私のポンコツWi-Fiがどうにも役に立たず、道案内などを全てお任せしてしまうことに…オフラインで見れる地図ぐらい用意しておけばよかった本当にすみません😔

ここで思い出しますが最後にシャワーしたのが12日の夜ドレスデンで今日が15日の昼なんですけどシャワーしてないのでもしかしてものすごく臭かったかもしれないんですけどその件に関してもすみませんでした😔

 

チャイナタウンでアジアの味が久しぶりに食える!と喜びつつもメニュー見てもよくわからない。中国語の漢字と英語のわかる部分を組み合わせてメニューを推測しながら注文する楽しい。

するとアレっ?頼んだのってコレだった?って感じのよくわからないメニューが出てくる。出てきたのでとりあえずつつく。

しばらくすると店員が「コレお前らのじゃなかったから食うな」的なことを言ってくる。アッやっぱりそうだったの…箸を止めると普通に食べかけの料理を下げられる。なるほどチャイナタウン。

そのあときちんと注文した料理が出てきて無事においしくいただけました。間違ってた方の料金を請求されることもなく(請求されるかとドキドキした)無事にお支払い。この時まだ財布がユーロとごっちゃになっておりセント硬貨出しちゃったりしてすみません

 

お土産が買えそうなところがあるとのことで、可愛いマーケットに行きましたf:id:tonkatsubu:20161226001843j:image

ここの周辺にすごくたくさんのお店がある!

片っ端からお土産にしたいかわいい雑貨屋さんとかたくさんありました。大道芸人もいて楽しい場所!

なのにお土産はいろいろありすぎて決めきれず、何も買うことができませんでしたワハハ…

せっかく旅行ガイドを買ったのだから、お土産に良さそうなものをきちんと頭に入れておけばよかったです。こういうやり残したことがあるからロンドンまた行きたいです。作文?

f:id:tonkatsubu:20161226002620j:image

 

楽しかったプチ観光も終了し1人ホテルに帰ると異常に寂しくなりまして

これまで1人で平気だったのに久しぶりに人と行動を共にして楽しい時間を過ごしてしまうと後が辛いことに気付きましたホント今思い出してもこの時めちゃくちゃ寂しかった

 

 

さて日付が変わりまして最終日。

午後にヒースローからドーハ経由で日本に帰る予定でしたので、チェックアウトまでの間に慌てて大英博物館(6日ぐらいぶり2回目)に向かいお土産を買い込むことに。

ここでちょっと焦る事態が…

お土産をしこたま手に持ち会計をしてもらい、カードで支払おうとするとデクライン!と言われる。わたし知ってる。海外旅行名物・カード使えん案件。

他のカードないし現金ないし…キャンセルすんのか?と詰め寄られるので、焦ってメチャクチャな英文でスグモドリマス!と伝え慌てて博物館の外に出て、すぐ目に付いたExchangeに駆け込みありったけのユーロチェココルナ日本円をポンドに替えてもらうことに…

なんか汗かいてるし挙動不審なわたしに両替屋のおばさんがどこから来たの?とか聞いてくれるんだけど早く博物館に戻らないとと焦りまくっており塩対応をしてしまう ロンドンは優しい町だよ

 

 その後 無事に博物館の売店でキープしてもらったお土産を買い、リスさんのいる公園でぼっちチルアウトしてから空港に向かいました

f:id:tonkatsubu:20161226234234j:image

 もうすぐさよならロンドン〜〜とおセンチになる

 バス停で挙動不審にキョロキョロしてると「ここに並ぶんだよ〜」と知らない紳士が教えてくれたり、ホテルの受け付けの人がやたらフレンドリーでべらべら喋ってきたり、大荷物で地下鉄に乗ると当然のように席を空けてくれる人がいて、子連れが乗って来るとさらに競い合うように席を空ける人たちがいて、空港の売店のスタッフがセルフレジの使い方を手取り足取り教えてくれたり(セルフレジの意味とは)(そこで買ったのは味のしないサンドイッチだった)

はじめはイギリスにビビり倒していたけど、もしまた来る機会があったらもっと心に余裕を持って楽しみたいな〜と思ってるところです

あと冬のヨーロッパ寒い とても寒い

でも寒い異国とっても楽しかったです風邪ひいて声出なくなったけど

f:id:tonkatsubu:20161226235555j:image

畳み掛けるように終わらせていただきますが、ありがとうさようならまた来るぞ!!

カタール航空機内食はめちゃくちゃウマい!!

羽田からセントレアへの国内線は人生初の非常口前でド緊張!!!

翌日の仕事は時差ボケで寝坊し遅刻しました!!!

 

もしここまで読んでくださった方がいたらありがとうございました

どうにか今年中に遠征記録を書き終えることができました よかったよかった

 次からは全く海外に関係ないことを書いたりすると思います

よいおとしを!!